【DIY】ダイニングテーブルをこたつ化してみた!手順を一挙公開

【DIY】ダイニングテーブルをこたつ化してみた!

うちの部屋の暖房器具として、ガスファンヒーターとエアコン、そしてリビングのみにホットカーペットがあります。

ダイニングキッチンでご飯を食べたり、家族がテーブルで作業をしたり、そして子どもたちがダイニングで勉強したり宿題をする場所としてダイニングテーブルがよく使うんですが・・・ガスファンヒーターはすぐにあったまりますし、手軽なのでとっても重宝してますが、やっぱり足元が冷えるんです。

そこで、思い切ってダイニングテーブルにこたつユニットをつけて、DIYでこたつを作ってみました!

DIYでこたつにしたダイニングテーブル 完成画像

ダイニングテーブルをこたつ化これが完成した手作りしたダイニングテーブルこたつです。天板は1枚のパイン集成材をエイジング加工してブライワックス ダークオークで塗装、中の布団は楽天で購入し、上にかかっているリネンのこたつカバーはミシンで手作りしました。

ダイニングテーブルのこたつDIYの作り方

いくつかのパートに分けて説明したいと思います。

ダイニングテーブルをこたつにする方法

  1. こたつユニットをネットで購入。

    メトロ電気工業 取り換え用ユニットヒーターMCU-500E(NK)を購入しました。(購入はケーズデンキYahoo!ショップ)

  2. ダイニングテーブルにこたつユニットをつける。こたつユニットをダイニングテーブルに取り付ける断熱材の役目をするハードボードの代わりに、MDFで代用しました。ハードボード、なかなか売っていません。MDFはホームセンターでお安く手に入ります。
  3. パイン集成材をダイニングテーブルの大きさに合わせて、ホームセンターでカットしてもらう。パイン集成材画像出典:Amazon
    もともとはこんな感じの木材でした。約1900cm×120cmくらいで約7800円のパイン集成材を、ホームセンターでうちのダイニングテーブルお大きさの150cm×90cmにカットしてもらいました。
  4. カットしてもらったパイン集成材の角を自宅で糸のこでおとし、角を丸める。角を糸のこで落としたコーナー手作業なので綺麗なコーナーではありませんが、十分です。もともとは3の画像のように綺麗な木材でしたが、エイジング加工でこんな感じになりました。
  5. パイン合成材の表面をやすり掛けする。120番でやすり掛け後、400番で磨き上げる。(サンダーを使いました。サンダーないと1日がかりになるかも・・・)
  6. パイン合成材をブライワックス ダークオークで塗装する。家にあった布切れで塗装するので、とっても簡単です!私一人でも、1時間あれば塗装+乾いた布で磨きができます。ブライワックスダークオークで天板を塗装ブライワックスは伸びがよく、布で塗ることができます。ここで肝心なのですが、塗り終わったあとは、とにかく乾いた布で磨くこと!磨いて磨きまくってください。ツヤが出てきて、いい感じになります! 
    楽天で送料込みで2,700円くらいで購入しました。

エイジング加工のやり方

エイジング加工のやり方

ピッカピカのパイン合成材でしたが、わざと傷つけてアンティークっぽくしあげました。ブライワックスを塗って、乾いた布で磨くとつるつるになります。

水拭きするダイニングテーブルなので、メンテ代わりにブライワックスを常時用意して、お手入れしてあげるといいですよ!(臭いがすごいので、室内の時は、窓を開け換気をよくしてくださいね)

建築デザイナーさんと、以前部屋のコーナーをエイジング加工したのですが、トンカチ、マイナスドライバー、キリ、アルミブラシなどで、本当に適当に表面や、角を傷つけます。多少失敗かな?と思っても大丈夫です。

一箇所をやりすぎると、バランスがおかしいので、全体のバランスを見ながらトンカチ、ドライバーなどで傷つけてみてください。

そして、ブライワックスをその上に塗ると、傷に濃くワックスが入り、味が出ます

私は今回面倒だったので^^;マイナスドライバーだけで傷をつけました

部屋のコーナーはトンカチで叩いたり、ブライワックスで塗装したあと、わざと水性ペンキの薄いグレーで古臭くぬりました。

ダイニングテーブルこたつカバーの作り方

こたつ布団
  1. こたつカバーは、生地屋さんで、リネン100%の生地を7m買ってきて、半分に切り、縫い合わせ、端は三つ折りにしてひたすら縫う!
    「鎌倉Swany」で1m530円で購入。店舗で安い布、見つけました^^
  2. 中のふとんはネットで購入。天板のサイズ150cm×90cmを購入。12,618円。ちょっと高かったのですが、サイズ的にも値段的にも他になかったので、これに決めました。
    サイズダイニングテーブルのサイズはこれより若干小さいけれど、全く問題なしで、ちょうどよかったです。こたつ布団をひろげる私が購入したサイズはこんな感じです。

  3. 布団をダイニングテーブルにかけ、ただの長方形のこたつカバーをかけ、その上に天板を載せればダイニングテーブルこたつは完成。DIY手作りダイニングこたつ

ダイニングチェアー熱逃げ防止

合皮をダイニングチェアーに両面テープではっています
  1. ネットで調べていると、合皮を巻くのが楽チンということで、イスのサイズを測りネットで合皮を購入
  2. 合皮をカットし、綺麗にはがせる両面テープで合皮をダイニングチェアーに貼って完成。
  3. 私は全面にリボンをつけてみました。合皮カバーで熱を逃がしません合皮カバーで、こたつの熱を逃がしません!
    ツルショウ楽天市場店でR-24のホワイトカーキを購入。クリーム色のような感じです。ツルショウの合皮はめちゃくちゃお安いと思います。合皮でこたつの熱逃し防止

ダイニングテーブルをDIYでこたつ化するのにかかった費用

  • パイン集成材 約1900×120cm 8,424円
  • こたつユニットをはめ込む1×2木材 130円
  • MDF 580円
  • 木材カット代 160円
  • BRIWAX(ブライワックス)ダークオーク 2,796円(送料込み)
  • こたつユニット 7,470円(送料無料)
  • こたつ布団 150cm×90cm 12,618円(送料無料)
  • リネン100% 7m 4,007円
  • 合皮 3m 2,580円

合計38,765円

あ・・・・結構かかっていますね^^;

こたつ布団高かったです。また、1枚のパイン集成材でなく、ツーバイフォーなどの板を合わせてテーブルを作ったりすれば、もっともっとコストを抑えることができたかもしれません。(その分、手間暇かかります)

リネン100%は高いですが、安いものを見つけることができてよかったです。織りにちょっと不具合があるそうですが、全然わかりません!

けれど、何年も使えるものですし、これで家族みんなが温まることできれば良しとします!^^

まとめ

大満足のダイニングテーブルこたつ。天板の作業は、夫にお願いし天板(コーナーのカット、サンダーがけ)とこたつユニットの取り付けで1日で出来上がりました。

リネン100%のこたつカバーですが、こちらも半日がかりで縫い上げました。

ハイこたつ、ダイニングテーブルこたつの既製品を購入すると8〜10万くらいします。納得のいくデザインのないですし、今のダイニングテーブルやチェアも気に入っているので、こたつにするなら買わずにDIYしようと思っていました。

リネンの色はお店で確認した時は、濃いグレーだと思っていたのですが、家でみてみたらかなりのチャコールグレーで、ちょとショックですが、リネン100%なのにお安かったのでよしとします。

お子さんが受験などで、ダイニングテーブルで勉強をする子もたくさんいると思います。そんな時、床と違ってごろ〜んと寝ちゃうこともなく、座ったままで足元があったかいので、勉強もしやすいですしオススメですよ

スポンサードリンク

【DIY】ダイニングテーブルをこたつ化してみた!

2019年飲む日焼け止めサプリ ランキング10

どの飲む日焼け止めサプリメントを買ったらいいか迷っているあなたへ。海外有名ブランド「ヘリオケア」から国産サプリ「ホワイトヴェール」まで詳しく紹介しています。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

子育て後に留学を目指している兼業ブロガー。IELTSを10回受験、O.A.6.0、Readingが最高の7.5。子供の怪我がきっかけでレーザー治療を知り、宇津木式スキンケア、肌断食を実践して肌に自信が出て、5年以上どこに行くにもすっぴん。映画と漫画が大好き、セルフマツエクはライフワーク。